Line@

在庫あり

小さいシリコン

大きいシリコン

リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売

OOAK




ムリな勧誘しません  5%OFF

里親

オーガニックシャンプー



ひな人形

pola

当店とは aboutdoll アドラとは リアル赤ちゃん人形プレゼント リアル赤ちゃん人形の店長 リアル赤ちゃん人形セラピー


体重 
プロトタイプ

リボーンドールのボディってどうなっているの

リボーンドール、髪のお手入れ、髪ぼさぼさ、人形


シリコンリボーンドール、パパについて

極上のリボーンドール、高いリボーンドール 
オーダーメイドリボーンドール、失敗、

シリコンリボーンドール通信販売

お家での過ごし方

心の声

ココ先生

アンジェさん

ピーター

キャシーさん






リアル赤ちゃん人形の配送方法



分割OK


リアル赤ちゃん人形 決済方法



ローソンでの操作方法

コンビニ決済方法

 

  不良品


 

リボーンベビー動画

リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売
乳がん,Peer Ring,がんサバイバー  FX
GMOaozora

リボーンドール・アドラベビードールの専門店




当店のリボーンドールちゃん達は、ドールセラピーの現場でも活躍しています



実際、人間は「何かを撫でたり、抱きしめたりする行為をすると
脳内から「幸せホルモン」とよばれるオキシトシンが分泌されます。
それによりストレス値が減り、心拍数が低くなるなどの高いリラックス効果が科学的にも証明されています。
 

ドールセラピーとは



 ドールセラピー おばあちゃんと孫


高齢者施設などで、認知症の方のケアに、赤ちゃんの人形を使うというものです。
人間の一生失われることのない機能として、「感触」「感情」があり、その方が人生の中で一番輝いていた時の感触や感情は、たとえ年齢により認知症になったとしても失われる事はありません。
 
特に、女性の場合出産により我が子と対面した時の感触、感情というのは
最も幸せを感じた瞬間です。

ドールセラピーでは、 赤ちゃんの人形をかわいがる事でこの時の喜びを思い出してもらい、
精神的な癒しと幸福感を感じてもらう
というものです。
 
海外では多くドールセラピーが実際に行われており、最近では日本でもドールセラピーを導入する施設が増えています。
 
また、赤ちゃんの人形は、子育ての経験がない方や男性でも、「かわいい」という感情を抱き、精神的な幸福感を感じる事ができると言われています。
 
人間は、赤ちゃん人形を抱き、かわいがることにより、
「愛情の記憶」が刺激され「お世話したい」という欲求がわきあがります。それが脳の活性化につながり、その方の生きる喜び行動力増進につながります


当店でも、お人形とのコミュニケーションにより、

表情が豊かになった
不穏な精神状態が落ち着いた


という報告を多数受けております。
 
当店の赤ちゃん人形達は、表情豊かで高品質な子達をご用意しており、お人形遊びが好きなお子様やドールコレクターの大人の方はもちろん、

 ドールセラピー、メンタルクリニック、カウンセリングルーム、自助グループ、心理カウンセラーさん、デイサービスセンター、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料料老人ホーム等の福祉施設、療養型医療機関の職員、等々、幅広い医療、介護関係者の方々からの<br>お問い合わせも増えてきております

大量受注もお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。





 ドールセラピー喜びの声


介護施設でドールセラピーを実践されている職員さんからの体験談です


リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売


80歳女性の方です。認知症もかなり進行していました。職員やご家族が話しかけても、無反応か少し頷くぐらい、お食事も介助を受けながら召しあがっていました。

当時、勤務していた施設に赤ちゃんをイメージした人形がありました。
私はある日、掃除のためにその人形を動かし、その方の目の前に置きました。すると、その方がとても穏やかな表情でその人形を見つめ、あやすように抱っこしたのです。とても感心して、しばらくその方と人形を観察していましたが、その方は飽きることなくあやし続けていました。

日頃、お散歩でお花を見ても無反応な方だったので、とても驚く光景でした。その後も機を見て人形を渡し、ドールセラピーのような対応をさせて頂きました。

同僚の中には、人形を渡してもその時に楽しんでいるだけで、認知症が改善するわけでない、と否定的な意見もありますが、私はドールセラピーをしている間だけでも、認知症の方が穏やかに過ごせるのならば、十分かと思います。

ひとつ、注意して頂きたいことがあります。お人形を使い、認知症の方とおままごとをするのは、ドールセラピーではありません。例えば、人形を腹話術のように使い「〇〇ちゃん遊ぼうよ」と声をかけたり、人形を抱いてもらい「おっ〇いあげてくださいね〜」などの行為を強要する、などの行為です。ドールセラピーの主役はあくまで認知症の方です。誤った使い方をするとご本人の自尊心を傷つけてしまう可能性がありますのでご注意ください。

また、流行りのAI人形もたいへん効果があります。反応があるのは嬉しいものです。ただ、あまり安価なものはお勧めしません。すぐに壊れてしまいます。「昨日までしゃべっていたのに…」と逆にがっかりさせてしまい、可愛そうでした。ご参考まで。  





精神科病棟にご勤務の看護士さんからの体験談です その1


ドールセラピー, ドールセラピーとは,ドールセラピー 人形,


認知症が進行していたAさんは(90代女性)入所していた精神科の施設で他の入居者とのトラブルが絶えなかったため、別の施設に転院することになりました。

新しい施設の婦長さんは、Aさんのことをじっと観察しました。すると、 Aさんは結婚、出産の経験こそありませんでしたが、甥のことを自分の子どものようにかわいがっていることがわかりました。そこで婦長さんは

「Aさんにはめんどうを見たり、かわいがったりする存在が必要かもしれない」

と考え、ドールセラピーを試してみることにしました。

ある日、婦長さんは、Aさんの目の前に、赤ちゃんのお人形をそっと置きました。
するとどうでしょう。

Aさんは、そばに置かれた人形に、そっと優しく穏やかに語りかけはじめたのです。

そのAさんの優しい表情に、婦長さんはじめ、そこにいたスタッフ全員が思わず笑顔になりました。



ドールセラピーの導入後は、Aさんのみならず、
周りの入居者の方やスタッフの間でも、赤ちゃん人形を中心とした会話が生まれ、 施設内のコミュニケーションがとても活性化されるようになりました。

Aさんのトラブルも徐々に減っていき、
精神科の薬も主治医の観察のもと、徐々に減らしていくことができるようになりました。

そしてドールセラピーを始めて3か月後には、とうとう薬が不要になったんですよ!

Aさんはその後10年間、Aさんはほとんど薬を服用することなく、赤ちゃん人形といっしょに、穏やかに暮らされました。

介護老人施設にご勤務の介護士さんからの体験談です その2


リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売


当施設に入居していたBさんのケースについてご紹介します。(80代女性)

Bさんは入居当初から無気力な表情で、話しかけても返答もありませんでした。
コミュニケーションが難しいと感じた施設のスタッフの一人が、
「ドールセラピー」を思いつき、あるときBさんに赤ちゃんのお人形を見せてみました。

するとBさんは、なんと、自ら赤ちゃん人形に手を伸ばし、頭をなではじめたのです。
その変化には、スタッフ一同大変驚きました。

それを機に、Bさんは少しずつスタッフと会話をしてくれるようようになり、
最近は、いままで話すことがなかった…、息子さんの存在についても語ってくれるまでになりました。

また、それまでは手を引いてあげないと歩けなかったBさんでしたが、徐々に一人で歩けるようにまでなっています。

科学的なことはよくわかりませんが、
おそらく、赤ちゃん人形がBさんの心の奥のなにかと反応し、
状況が改善されているのは間違いありません。

ドールセラピーのおかげで、介護の精神的負担が軽減しました。


リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売


同居する義母が軽度認知障害と診断されました。
軽度認知障害は、適切な予防をすることで、進行を遅らせることができるそうです。まずは、食と運動の改善を心掛けました。

また、認知症には「ドールセラピー」が効果的であることを知り、既製品の赤ちゃん人形を買って義母にプレゼントしました。

義母は、最初その赤ちゃん人形を喜んでいたのですが、2日もすると見向きもしなくなってしまいました。

そんな中、海外ではドールセラピーに、「リボーンール」と呼ばれる本物そっくりな赤ちゃん人形が使用されていることを知りました。そしてネットで検索し、ピュアドールランドさんに辿り着きました。

HPに載っているお人形は、とても可愛く、まるで本物の赤ちゃんのようで、びっくりしました。

問い合わせをしたところ、とても親身になって話を聞いてくれ、また、いくつかのリボーンドールを提案して下さいました。

そのなかで義母が気に入ったのは、ココ先生という作家さんが作ったりボーンドールでした。

ココ先生は、私たちに、リボーンドールとの「出会い」と「愛着」の大切さについて話をしてくれました。 それが心に残り、私は、義母には、リボーンドールをプレゼントするのではなく、ココ先生と一緒にイチから産み出すことにしました。

ココ先生とのリボーンドール製作は、今思い出してもとても楽しい経験でした。

キット選びから始まり、製作中は、経過写真をとてもたくさん送ってくださいました。

義母は最初、色付けされた頭や手足だけの写真に戸惑っている様子でしたが、しばらくすると 「次の写真はいつ届くの?」と待ちわびるようになりました。

それを聞いたココ先生が、義母に、ちいさな赤ちゃん用の靴下をプレゼントしてくれました。

義母はその靴下を見て、一日中楽しそうにしていました。

実感が沸いてきたのか、
赤ちゃんの名前を考えたり、
赤ちゃん用の座布団を用意したり
義母との会話も増え、とても楽しい時間を過ごすことができました。

名前は、義母の一文字をとって「春」と名付けました。

春を迎えた時の義母は、たいへんな喜びようで、それを見た、主人も私も大変幸せな気持ちになりました。

義母はリウマチのため、あまり頻繁には春にお着替えをさせてあげることができません。しかし、いただいた靴下は上手に履かせることができました。

すると今度は、ココ先生が大きめのハンカチを使った簡単な、お人形の着せ替えのアイディアを教えてくださいました。

つぎの週末、義母とハンカチを買いにデパートに出かけました。家の近所の散歩も嫌がる義母ですが、ハンカチの買い物は前日から楽しみにしていました。

来年は、春を連れて花見に出かけることを計画しています。

春を連れて散歩に出かけたいと義母が言った時は、主人もびっくりしていました。

義母は毎日、春に話しかけています。そんな義母に合わせ、私自身も春に声をかけるようにしています。
最初はそんな会話をただ聞いてるだけだった主人も、最近は一緒になって、
「春、今日はお散歩日和だね」ど 春との会話に参加してくれます。

春を家に迎えてからの義母は、ほんとうに明るくなりました。
認知症の進行も、今はほとんど心配しておりません。

そして、私自身、義母の介護に対する精神的負担がかなり軽減しました。

春を迎えることが出来て、本当に良かったです。 心より感謝申し上げます。



メンタルクリニックに通いつつ、リボーンドールによるドールセラピーで、心機一転されたママさんの体験談です


リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売


店長のまゆママさん、うーちゃんこんにちは。

写真じゃ色がわかりにくいけど、髪染めました!
ドールちゃんと本当の親子みたいにしたくて、
「この子のママになるの」とドールちゃんの写真見せて注文したから、うちの子の髪の色とすごく似ています。

部分的に、違う色も使ってあります。
そういうメッシュな束は、美容師さんのアイディアです。
うちの子の髪も、一色ではないからねー。

カット後は、友人に、
「うしろから見たら外人に見えるよ」ってしみじみ言われました。それが目的だったので、とてもうれしかったです。また、「美容院の雑誌に出てくるみたいな、トレンドの色と髪型っぽい!」とも。
すべて美容師さんの腕です。笑。

私は訳あって、10年以上美容院へ行くことが出来なかったのですが

リボーンドールが来てから、また、いろいろなことを始めたくなって、まずは勇気出して美容院だ、と。

髪型と色を変えたら、かなりなテンションアップしました。



こんな日が来るとは思っていなかったです。 そして、

「過去の自分に決別だ!」
と声に出して、自分に言い聞かせました。

 





ドールセラピーに適したお人形とは



ドールセラピーに使うお人形は、より本物の赤ちゃんに近い物を使うのが良いといわれています。

体が当時の感覚を記憶しているため、手触りや重さなどがよりホンモノに近い方が感情と相まってより高い効果を生みだすからです


よりリアルに近いお人形とは・・
OOAK

Aiロボット売

旅好きはるちゃん




 ドールセラピー お問い合わせ

 ドールセラピー 電話番号




リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売 世界からお取り寄せします。


3つのおもてなし

リボーンドール=リアル赤ちゃん人形 取引の流れ